副作用は

副作用は

ED治療薬を服用する上で気になるのは副作用です。 シアリスも医薬品ですから当然副作用が起こる可能性はあります。ここでは、どのような副作用が起こるのか?服用する上での注意は何か?知っておきましょう。

シアリスというのは男性の悩みを解決してくれる、まさに男性の救世主なのです。でも、シアリスは医薬品であることには違いありません。医薬品というのはどのようなものでも必ず「副作用」が起こる可能性があります。
当然、シアリスを服用した場合にも副作用が起こる可能性はありますので、服用する前に知っておくようにしましょう。

シアリスの副作用は、ほてり、鼻づまり、頭痛、目の充血、動悸ということが挙げられます。
しかし、我慢できないほどの症状が現れる!ということはありませんし、時間が経過すればほとんど症状はなくなります。シアリスというのは、血管を拡張させるという効果がありますので、それによって起こる症状です。最初シアリスを服用した時に症状を感じたとしても、何回か服用を続けることで副作用を全く感じなくなったという人も居ます。
自分は、最初服用した時に動悸があったのですが、時間が経過するとほとんど動悸はなくなりました。今でもたまに動悸がしますが、気にならない程度です。

また、シアリスを服用する場合には注意があります。
それは、糖尿病や肥満、うつの症状があるという人は利用する前に医師へ相談する必要があるということです。こうした症状のある男性というのは、効果が現れにくいようです。場合によっては、シアリスではないほかのED治療薬であれば効果があるということもあります。

ほかのED治療薬であれば、空腹時でなければ効果がでない、性交する1時間前には服用空いておかなければならないということがありますが、シアリスの場合には満腹時でもOKですし、持続時間も38時間と長いので結構前からしこんでおいてもOKです。